外為(FX)初心者のための外国為替取引入門 - FXメニュー - 自分で作る外貨預金 特集:初めての外貨投資

自分で作る外貨預金

リスクを下げる 外国為替証拠金取引(FX)は、ハイリスクハイリターンの投資です。しかし、外貨預金と比べるとそのコストの安さは魅力的です。そこで、FXを利用して、自分だけの外貨預金を作ってみてはどうでしょうか。

例として、1万米ドルの外貨預金をすることを考えてみます。1米ドル=100.00円の時ですと、TTSは1米ドル101.00円ですから、米ドル預金では1,010,000円の資金が必要です。

FXを利用して、自分だけの外貨預金を作るには、証拠金100,000円(業者によって金額は異なります)を投資して「米ドル/円」1万米ドルを買い、残りの約90万円は円貨で預金します。すると、為替リスクは外貨預金の場合と全く同じになります。コストは、外貨預金で2円/米ドル(TTSとTTSの差)、FXでは往復手数料+スプレッド(売買の差)で25銭/米ドル(業者によって金額は異なります)となります。外貨預金1万米ドルだと20,000円なのに対し、FXだと2,500円です。利息も、外貨預金よりもスワップ金利の方が高くなります。

なお、為替が円高に進み、追加証拠金が必要となれば、あきらめて売ってしまい、損を最小限にとどめてもいい(外貨預金の解約に相当)ですし、長い目で見て戻ると判断すれば、追加証拠金を入れて、円安に転じるのを待っても構いません。初めから多い目に証拠金を入れておくと、追加証拠金の要求やストップロスにかかりにくくなります。外貨預金をしていた場合も、同じ時に解約すれば為替による損失は同じです。ただし、定期預金の場合は、解約すれば利率が下がるのでさらに不利になります。

このように、外貨預金とFXを「全く同じ規模(同じ外貨量)」で行えば、為替リスクは「全く同じ」で、コストと金利面ではFXの方が「圧倒的に有利」になります。特に、米ドル以外の通貨、例えば、豪ドルや英ポンドだと高金利な上、外貨預金ではTTSとTTBの差が米ドルより大きくなるので、ますますFXの方が有利です。詳しい計算は外貨預金との比較を参照して下さい。

唯一のデメリット このような「外貨預金」方式でFXを利用した場合、外貨預金に劣る唯一のデメリットは、FX業者の倒産等による信用リスクです。しかし、この場合でも、証拠金に用いずに円貨で預金している約90万円が残っています。ただし、平成17年7月から始まる取引所為替証拠金取引「くりっく365」の場合、取引所が取引の相手方となり、証拠金を預かるため、信用リスクは非常に小さくなります。なお、外貨預金は預金保険の対象ではないので、信頼できる銀行を選ぶ必要があります。銀行が倒産すると全預金を失うことにもなりかねません。

スワップ金利


外貨預金との比較(1)(2)(3)
FX業者比較
ホーム